信州大学 自転車競技部

信州大学自転車競技部のブログです!はてなダイアリーからはてなブログへ移行しました。日々の練習、試合レポートなどを綴っていきます!

鴨川まとめ@アシケン

芦田です。

先に4日目をさらっと。

 


この日もクラス2の4班でもう1人追加した7人で走ることとなった。予定では4.5+1.5の6周をする予定だったが、走り出した時点で厳しい気がしていた。とりあえず長めに長めにと前を引いて2.5周を終えたが、そのあとペースアップがあり脚的にはまだ持ちそうではあるものの、集中が切れかけて反応が鈍くなっていたので、自分のためにも班のためにも3周で切り上げることにした。

 


どうやらそのあと車の飛び出しによる落車があったらしい。状況を聞く分には避けようがないようなもので、日曜日というドライバーの質がダダ下がりする日に集団走行・合宿を当てるのは来年以降改めていくべき点だと感じた。

113km TSS 174

 

 

 

 


まとめ。

 


初日から練習内容は凄くいいものに出来たと俺は感じた。ただそうでなかった人も居るようで、何を目的にした練習なのか、頭で理解出来てないとだめなようだった。そういう点で慶応さんを見習うべきだと思う。

今回は淡路以上にいろいろな大学の人と走ることが出来て、その大学の練習に対する姿勢というものが、僅かながら感じとれた。

合宿というものをなぜしているのか、他大とわざわざ走る理由は何なのか、改めて自分の中で読み解く必要がある。

 


夜には多くの強い人たちと話すことが出来て、俺に足りていないもの(足りていないものしかない)を補っていかないと、昇格したいなんていう戯言をほざいていては、また先輩に怒られるんだろうな。

 


これも来年に向けた話だが、今年も(?)最初のミーティングに遅れてしまったようで、もっと時間に余裕を持った行動をすべきだと感じた。どんなレースでも合宿でもそうだが、車移動がほとんどになるので、出発・到着が多少前後したとしても普通のペースで走り、休憩を取りながら時間に間に合うように予定しないと、いつか事故を起こすような気がする。

 

 

 

来年の合宿は信大が幹事校となった。その時に俺が競技部にいるかは分からないが、今年の改善点も含めて、より良い合宿に出来たらいいのではないだろうか。